ROYZE CORPORATION 株式会社 ロイズコーポレーション

ロイズが求める人材

ロイズが考える不動産投資。

かつて、不動産投資は医者や弁護士など一定の所得を持った方が、
更に資産を増やすことを目的に行うケースがほとんどでした。
バブルの時代を境にサラリーマンの方でも住居用ではなく
"利益を得る"という目的でマンションを購入するようになりましたが
バブル崩壊と共に、それが問題となった時期もありましたので
「不動産投資」というものに、良い印象を持たれていないかもしれません。

しかし、今では不動産投資の目的は健全な将来設計手法の一つとして
認識されはじめており、一般的なサラリーマンや若い方にも
それぞれのニーズに合わせた将来の蓄えの一つとして、
または資金運用のツールとして活用されるようになりました。

年金制度の破たんなど、将来への不安が多い現代。
普通預金で数千万の貯蓄ができるでしょうか?現実的に難しいでしょう。
また、リーマンショック、ユーロ危機と続き、世界中に金融不安が広がる中
知識の乏しい一般的な方々が、投資信託での資金運用で安心できるでしょうか?
私たちが手掛けるような不動産投資は、"マンションを買って貸す"と、
ビジネスモデルとしては非常にシンプルで、また投資信託などと異なり
投資先が目に見えるという安心感があるため、手軽に始められるという利点があります。
また、マンションはお客様の所有物となりますから、家族がいらっしゃる方の場合には
万が一の時に、家族に残せる物ということで、保険的な位置づけで始められる方も
いらっしゃいます。
このように、時代の流れと共に不動産投資の意味も、お客様の求めるニーズも変化しています。

適正な価格で資産価値のあるマンションを提供する。

高品質なマンションを開発し福岡の街づくりに貢献する。

一人ひとりにオーダーメイドの資産形成をお客様と共に考え、そして人生のライフプランを二人三脚で創造していく。

それがロイズの考える不動産投資です。

新規顧客における電話営業は廃止しました。

不動産営業と聞くと、一日に何本もの営業電話をかけたり
ノルマがきつかったりと、ネガティブなイメージをお持ちかもしれません。
しかし、時代の流れと共に不動産業界も変化を続けており、日々の数百件の電話営業を
続けるのではなく、もっと効率的な営業手法を各社検討しています。
弊社も、もちろんセミナー開催やインターネットバナー広告などによる新規開拓など
新たな手法での営業を展開しており、新規顧客における電話営業はしておりません。

ただ、営業手法は変わっても、お客様にとっては
"一生をかけて運用してゆく大切な資産"。
様々な選択肢がある中で、私達に将来の"安心"を
一任していただく必要があります。

その為には、まずお客様との信頼構築が必要です。

そういった意味では、「粘り強さ」や「根気強さ」
ときには「忍耐」が必要な場面にも出くわします。

お客様満足にもこだわりを持ちたい方は大歓迎です。

TOP